私の作ったもの紹介。意味怖アプリ2つ、Kindle本など

※順次更新予定です。

意味怖アプリ(2015)

全話オリジナルの「意味がわかると怖い話」を掲載しているアプリです。

ネットのコピーではない、他の意味怖アプリには載っていない意味怖です。

約80話を掲載しています。

作るのにとんでもなく時間が掛かりました。

意味怖アプリ(2016夏の特別編)

2016年にリリースした続編のアプリです。

5話だけ掲載しています。

最後の2話は少し長い話になっています。

Kindle本

スマホのKindleアプリなどで読むことができます。

もし昔話が『おしまいおしまい』で終わらずにその先も続いたら……

というテーマで綴った7話のショートショートを掲載しています。

上に戻る