その他

「森田療法(講談社現代新書)」の感想

投稿日:2017-02-27 更新日:

Kindle版がセールだったので手に取りました。

とてもおもしろかったです。

内容的に『おもしろい』が不適切だとすると、『興味深い』とか『見識が広がる』とかそんな感じです。

心理学に関して特に知識を持たない人間の感想になりますが、アドラー心理学(嫌われる勇気を読んだ)に近い印象を持ちました。

「問題を取り去る」というアプローチではなく、「その状態を肯定しつつも、行動する」というアプローチのように理解しました。

この本を一冊読むことで、即効的に何かが解決するとは思いませんが、

「石橋を何度も叩いて渡らない」

って行動パターンをよくやる私には学びが多かったです。

スポンサーリンク

買いもの記録

人気記事

除霊

恐怖体験というと、 私はあのアパートのことを思い出します。 就職して東京で一人暮 …

関連記事

no image

(最近の読んだ本)Hunter✕Hunter、ひきこもらない、反脆弱性(上)、など

Hunter✕Hunter(34巻) 言うまでもないけれど面白かったです。 表紙 …

新年のご挨拶

若干、5日ほど遅れましたが… あけましておめでとうございます。 2016年Twi …

【推理】悪意をgoogleに伝える方法

悪意を目にすることがあります。 アプリのレビュー欄の話です。 Androidのア …

【良く言えば素直】ブログのタイトルを変更しました。

私は現在、『色々なことを変えてみよう』モードになっています。 読んだ本の影響をカ …

no image

成功を目的にすると成功できない

ひさしぶりの日記エントリーです。 日記を「ですます調」で書いていたのか、「である …

スポンサーリンク

最近の投稿

ハードルは高い方がいい

やっぱり思った通りだ。 ハードルは高い方がいい。 高ければ、高いほど尚のことにい …

不幸のおまじない

テーブルに置いたままのスマホに太い指を乗せると、 画面は明るさを取り戻した。 グ …

声のトーン

トゥルルルルーーー   甲高い電子音が響き、 私はリビングに視線を向け …

スイカ

目覚ましを止めてから、 私はタオルケットを身体に手繰り寄せた。 付けっ放しにして …

暗号解読

私は白髪混じりの頭をポリポリと掻いた。   うーん…… さっぱり分から …

スポンサーリンク

スマホアプリ

全話オリジナルの「意味がわかると怖い話」を載せたアプリをつくりました。赤い方は80話以上の短編を掲載しています。

角川つばさ文庫

「アッと気付くとゾッとする!」
1話1分どんでん返し系ストーリー集です。出版しました。

Kindle本

7話のショートショートを掲載しています。スマホのKindleアプリなどで読むことができます。

プログラミングや意味怖の創作などをしています。 ペンネームは思いつかなかったので、テストでよく見る「”マルマル”を埋めなさい」から取りました。

・角川つばさ文庫「本当はこわい話」出版!
・自作アプリ累計10万インストール突破!
・Kindle本「おしまいおしまいでは終わらない昔話」SF・ホラー・ファンタジー部門1位獲得!(数日間のみ)
・comicoにて85万PV突破!

というのが、優れた実績になります。劣った実績は…

→詳細プロフィールを見る

友だち追加
3234人が追加

→このブログの更新を受け取る方法