創作 意味怖

「おしまいおしまいでは終わらない昔話」をKindleで出版しました。

投稿日:2017-01-28 更新日:

はじめての電子書籍の作成で、手こずりましたが何とかリリースにこぎつけました。

タイトルは、おしまいおしまいでは終わらない昔話です。

サブタイトルが長いのですが、、

「なぜ浦島太郎は玉手箱を渡されたのか?」から始まるショートショート短編集としました。

私が書いた過去の意味怖と同テイストです。

ミステリー・ホラー系のちょっとだけ怖い話な感じです。

掲載内容

もし昔話が『おしまいおしまい』で終わらずにその先も続いたら…

というテーマで書いた7話のショートショートを掲載しています。

<収録>

  1. なぜ浦島太郎は玉手箱を渡されたのか?
  2. 眠り姫に二度目のキスを
  3. 花咲か爺さんは忙しい
  4. どうして王様は裸なの?
  5. どんぶらこ、どんぶらこ
  6. アリとキリギリスと子アリと母アリ
  7. 赤ずきんちゃんの疑問は尽きることがない

無料セールについて

この本はKDPセレクトという種類(Amazonとの契約)にしました。

これにより計5日間の無料セールが実施できます。

Kindleアンリミテッド会員の方はずっと無料です)

Kindle本は世界中に配信できるので、時差とかが関係するようで、『日曜の夕方〜火曜の昼くらい』が最初のセール期間になると思います。

2017/01/29の夕方〜2017/01/31の昼ごろです。

次回のセール情報など何か進捗ありましたら呟きますので、もし気になる方はTwitterかLINE@をご覧ください。

スマホの方は下のボタンから

友だち追加

スポンサーリンク

買いもの記録

人気記事

除霊

恐怖体験というと、 私はあのアパートのことを思い出します。 就職して東京で一人暮 …

関連記事

no image

【執筆環境を晒そう】キーボード編

前回のエントリに引き続いて、執筆環境を晒そうシリーズ2回目です。 今回は私が執筆 …

意味怖アプリ/Android版を更新しました。

2016年に資金繰りに挫折して置いていたアプリですが、2年ぶりに更新しました。 …

仕事

石の上にも三年。 説教くさくて、あんまり好きな言葉じゃない。 それでも本質を突い …

小林丸々「本当はこわい話」が角川つばさ文庫から出版されました!

夢がひとつ叶いました 今日、 本屋さんの棚に私の書いた本が並びました。 最初に短 …

わら人形

カンカンカンカン、 釘をトンカチで打ち付ける甲高い金属音がこだまする。 心配する …

スポンサーリンク

最近の投稿

ハードルは高い方がいい

やっぱり思った通りだ。 ハードルは高い方がいい。 高ければ、高いほど尚のことにい …

不幸のおまじない

テーブルに置いたままのスマホに太い指を乗せると、 画面は明るさを取り戻した。 グ …

声のトーン

トゥルルルルーーー   甲高い電子音が響き、 私はリビングに視線を向け …

スイカ

目覚ましを止めてから、 私はタオルケットを身体に手繰り寄せた。 付けっ放しにして …

暗号解読

私は白髪混じりの頭をポリポリと掻いた。   うーん…… さっぱり分から …

スポンサーリンク

スマホアプリ

全話オリジナルの「意味がわかると怖い話」を載せたアプリをつくりました。赤い方は80話以上の短編を掲載しています。

角川つばさ文庫

「アッと気付くとゾッとする!」
1話1分どんでん返し系ストーリー集です。出版しました。

Kindle本

7話のショートショートを掲載しています。スマホのKindleアプリなどで読むことができます。

プログラミングや意味怖の創作などをしています。 ペンネームは思いつかなかったので、テストでよく見る「”マルマル”を埋めなさい」から取りました。

・角川つばさ文庫「本当はこわい話」出版!
・自作アプリ累計10万インストール突破!
・Kindle本「おしまいおしまいでは終わらない昔話」SF・ホラー・ファンタジー部門1位獲得!(数日間のみ)
・comicoにて85万PV突破!

というのが、優れた実績になります。劣った実績は…

→詳細プロフィールを見る

友だち追加
3234人が追加

→このブログの更新を受け取る方法