意味怖

声のトーン

投稿日:

トゥルルルルーーー

 

甲高い電子音が響き、

私はリビングに視線を向けた。

一瞬迷ったが、自分で取った方が早い、か。

 

「こんな時間に誰よ、もう」

コンロの火を止めてから、

私は家の固定電話の受話器を掴んだ。

 

不機嫌さにフタをし、

1オクターブ高い声を喉に用意してから、

 

通話ボタンを押して言う。

「はい、もしもし」

 

「……そちら、目黒さんの家ですね?」

受話口から漏れる声は男性のものだった。

その質問への答えは『はい』になる。

だが、どう答えたらよいものか?

 

夫はタレントをしている。

大人気というわけではないが、ローカル局のテレビ番組にコメンテーターとしてレギュラーも持っている。

その仕事柄、相手の素性も分からないうちに、

口軽くこちらの情報を伝えたくはなかった。

私の迷いを察したのか、男は私の答えを待つことをやめ、次の言葉を続けた。

 

「お宅の娘さんを預かりました」

 

男は自分を誘拐犯だと言う。

外出する娘を拉致した、と。

 

私は受話器を耳に押し当てたまま、リビングに視線を向けた。

あいも変わらず、娘の江美里はテレビのコント番組を見て、一人で馬鹿笑いをしている。

うちに『娘』と呼べる年頃の子どもは他にいない。

「……はあ、そうですか。それは大変ね」

私は抑揚のない声で言った。

 

これは誘拐ではなくイタズラだ。

ときどきあるのだ。また夫が番組でおかしな発言をして炎上したのかもしれない。

アンチの人からの嫌がらせ。

うちの電話番号などの個人情報をネットに書き込まれたこともあったみたいだし、もしかしたら娘の存在も知られているのかもしれない。

 

本当にタチが悪い。頭に来る。

不機嫌さを露わにし、

私は低い声で言った。

 

「あのねぇ。うちの子なら生命保険をたんまり掛けてるんですよ、だから好きにしてください。今わたし、夕飯の支度をしてるの。アナタと違って忙しいんです。切りますね」

こちらが慌てふためくと思っていたのだろう、予想外の展開に腹を立てた男は何やら怒鳴っていたが、これ以上聞く意味はない。

「警察に通報しますからね」

最後にそう言うと、

私は電話を切った。

 

ふうー、と長い息を吐き、

コップに注いだ水で喉を湿らす。

高鳴った心臓が落ち着くのを待ってから、私はコンロのつまみを回した。

そのとき、

また電話が掛かってきた。

 

トゥルルルルーーー

 

「何度もなによ、ホントにッ」

フライパンを炙る火を消し、私は乱暴に受話器を掴んだ。

「はい、もしもし」

「あの、すみません夜分に」

予想に反して、

受話口の声は先ほどの男性のものではなく、

 

聞き馴染みのある女性の声だった。

続きはLINEに

ネットのコピーではない『オリジナルの意味怖』をLINEで連載しています。

解説も順次公開、すべて無料です。

友だち追加
3137人が追加

LINEで読める意味怖と解説リスト

  1. 幸福な未来
  2. 除霊
  3. 無罪執行
  4. ショートケーキ問題
  5. 夢オチ
  6. 彼女は私を見下し続ける
  7. go home
  8. ノート
  9. 僕は交通ルールにうるさい
  10. 僕らの成功法則
  11. 付きまとわれてて
  12. 事故物件
  13. 同棲生活
  14. 懇願
  15. わら人形
  16. 占い師
  17. 最後の一葉
  18. 魔法の香水
  19. キツネ様
  20. 青ざめる
  21. 仕事
  22. シェアハウス
  23. 清々しい朝
  24. みんな平等に
  25. 平和的な解決
  26. 点線
  27. 霊能者の義務
  28. ハロウィンって何かしら?
  29. 停電の夜に
  30. 暗号解読

*その後も随時更新中です。

友だち追加
3137人が追加

スポンサーリンク

買いもの記録

人気記事

除霊

恐怖体験というと、 私はあのアパートのことを思い出します。 就職して東京で一人暮 …

関連記事

付きまとわれてて[後編]

前回 付きまとわれてて[前編] 今回 「祐美は知ってると思うけど。 駅から家まで …

スイカ

目覚ましを止めてから、 私はタオルケットを身体に手繰り寄せた。 付けっ放しにして …

go home

その日は部下のミスの尻拭いで、遅い退社になった。 電車のシートに座ると、スマホの …

今トイレに隠れてる。

昨日の話なんだけどさ、 学校で校内放送が流れたんだ   「包丁を持った …

ハロウィンって何かしら?

A「えー、おばあちゃん、ハロウィンも知らないの?仮装した子どもが、夜に近所の家を …

PREV
スイカ

スポンサーリンク

最近の投稿

声のトーン

トゥルルルルーーー   甲高い電子音が響き、 私はリビングに視線を向け …

スイカ

目覚ましを止めてから、 私はタオルケットを身体に手繰り寄せた。 付けっ放しにして …

暗号解読

私は白髪混じりの頭をポリポリと掻いた。   うーん…… さっぱり分から …

停電の夜に

こないだ、おそろしい体験をしたんだ。 ドーンッとすごい音がして、次の瞬間、すぐに …

ハロウィンって何かしら?

A「えー、おばあちゃん、ハロウィンも知らないの?仮装した子どもが、夜に近所の家を …

スポンサーリンク

スマホアプリ

全話オリジナルの「意味がわかると怖い話」を載せたアプリをつくりました。赤い方は80話以上の短編を掲載しています。

角川つばさ文庫

「アッと気付くとゾッとする!」
1話1分どんでん返し系ストーリー集です。出版しました。

Kindle本

7話のショートショートを掲載しています。スマホのKindleアプリなどで読むことができます。

プログラミングや意味怖の創作などをしています。 ペンネームは思いつかなかったので、テストでよく見る「”マルマル”を埋めなさい」から取りました。

・角川つばさ文庫「本当はこわい話」出版!
・自作アプリ累計10万インストール突破!
・Kindle本「おしまいおしまいでは終わらない昔話」SF・ホラー・ファンタジー部門1位獲得!(数日間のみ)
・comicoにて85万PV突破!

というのが、優れた実績になります。劣った実績は…

→詳細プロフィールを見る

友だち追加
3137人が追加

→このブログの更新を受け取る方法