意味怖

霊能者の義務

投稿日:

信号待ちをしていたのは5人。

私は、前に立つ灰色のスーツの『背』をじっと見つめていた。

大学の授業に遅れる。

どうしようかと、迷った。

しかし、これは『義務』みたいなものだ。

信号が青に変わり男性が歩き出そうとしたタイミングで、私は彼に声を掛けた。

 

「すみません」

「……はい、なんですか?」

足を止め、振り向いた顔はどこか疲れて見えた。

お父さんくらいの年齢かな。

「あの、いきなり失礼かとは思うのですが、えっと……あなたに、その……貧乏神が取り憑いています」

しばらく間があり、それから私の言葉を理解すると、男性は眉をひそめ訝しげな視線をこちらに向けた。

胃がキリリと痛む。

でも、我慢できる。

慣れ親しんだ視線、こうなることは覚悟していた。

昔から何度も経験している。

お母さんも、お父さんも、級友も、先生も、私が『こういうこと』を口にすると、途端にみんな同じ視線を私に向ける。

他人とは違うモノが見えることを疎んじたこともある。

というか、

今でもそう思うことの方が多い。

……それでも『視えてしまう』以上は、困っている人を放っては置けないもの。

男性が向けた懐疑の視線を外し、私は彼の『うしろ』を見る。

どんなに罰当たりな人間だって、背後に守護霊が一人も憑いていないなんてことはあり得ない。

しかし、貧乏神が取り憑いている場合は、別だ。貧乏神の醸す瘴気を嫌い、他の霊は離れていってしまう。

「何かお金に関する『トラブル』だったり、それに類されるような問題を抱えていたりはしませんか?」

男の視線はハエを追うように宙空をさまよい、しばらく経つと、また私の目に戻った。

「……あります。と言いますか最近、トラブルだらけで……。仕事では、大口の顧客から相次いで契約を切られてしまったし。プライベートだと、母親が振り込み詐欺に合ったし、息子の通わせている学習塾が潰れてしまったりね。既に一年分の授業料を納めてたんですよ……。ほとほと運に見放されてしまった感があります……しかし、その、本当にそんなーー貧乏神なんてものが?」

はい、コクリとうなずくと、私は自身の目に映る様をそのまま彼に伝えた。

「おぶるような形でしっかりと、あなたの身体にしがみついています。私の経験からの推測ですが……おそらく、あなたに対してなんだかの悪意を持つ人間が人為的に呼び寄せた『呪い』の一種だと思います」

私の言葉に、男性は顎を引いてうつむいた。

何か心当たりがあるのだろう。

 

「……そう、ですか、」

彼は暗い声でそう返した。

この続きや解説はLINEにて連載中

ネットのコピーではない『オリジナルの意味怖』をLINEで連載しています。

解説も順次公開、すべて無料です。

友だち追加
3234人が追加

LINEで読める意味怖と解説リスト

  1. 幸福な未来
  2. 除霊
  3. 無罪執行
  4. ショートケーキ問題
  5. 夢オチ
  6. 彼女は私を見下し続ける
  7. go home
  8. ノート
  9. 僕は交通ルールにうるさい
  10. 僕らの成功法則
  11. 付きまとわれてて
  12. 事故物件
  13. 同棲生活
  14. 懇願
  15. わら人形
  16. 占い師
  17. 最後の一葉
  18. 魔法の香水
  19. キツネ様
  20. 青ざめる
  21. 仕事
  22. シェアハウス
  23. 清々しい朝
  24. みんな平等に
  25. 平和的な解決
  26. 点線
  27. 霊能者の義務
  28. ハロウィンって何かしら?
  29. 停電の夜に
  30. 暗号解読

*その後も随時更新中です。

友だち追加
3234人が追加

スポンサーリンク

買いもの記録

人気記事

僕は交通ルールにうるさい

深夜0時過ぎ、 僕は傘を差して待っていた。 信号が青に変わるのを待っていた。 小 …

関連記事

暗号解読

私は白髪混じりの頭をポリポリと掻いた。   うーん…… さっぱり分から …

僕は交通ルールにうるさい

深夜0時過ぎ、 僕は傘を差して待っていた。 信号が青に変わるのを待っていた。 小 …

わら人形

カンカンカンカン、 釘をトンカチで打ち付ける甲高い金属音がこだまする。 心配する …

付きまとわれてて[後編]

前回 付きまとわれてて[前編] 今回 「祐美は知ってると思うけど。 駅から家まで …

ノート

年の瀬の大掃除。 押入れの中で一冊のノートを見つけた。 開くと、それは兄の成長記 …

スポンサーリンク

最近の投稿

ハードルは高い方がいい

やっぱり思った通りだ。 ハードルは高い方がいい。 高ければ、高いほど尚のことにい …

不幸のおまじない

テーブルに置いたままのスマホに太い指を乗せると、 画面は明るさを取り戻した。 グ …

声のトーン

トゥルルルルーーー   甲高い電子音が響き、 私はリビングに視線を向け …

スイカ

目覚ましを止めてから、 私はタオルケットを身体に手繰り寄せた。 付けっ放しにして …

暗号解読

私は白髪混じりの頭をポリポリと掻いた。   うーん…… さっぱり分から …

スポンサーリンク

スマホアプリ

全話オリジナルの「意味がわかると怖い話」を載せたアプリをつくりました。赤い方は80話以上の短編を掲載しています。

角川つばさ文庫

「アッと気付くとゾッとする!」
1話1分どんでん返し系ストーリー集です。出版しました。

Kindle本

7話のショートショートを掲載しています。スマホのKindleアプリなどで読むことができます。

プログラミングや意味怖の創作などをしています。 ペンネームは思いつかなかったので、テストでよく見る「”マルマル”を埋めなさい」から取りました。

・角川つばさ文庫「本当はこわい話」出版!
・自作アプリ累計10万インストール突破!
・Kindle本「おしまいおしまいでは終わらない昔話」SF・ホラー・ファンタジー部門1位獲得!(数日間のみ)
・comicoにて85万PV突破!

というのが、優れた実績になります。劣った実績は…

→詳細プロフィールを見る

友だち追加
3234人が追加

→このブログの更新を受け取る方法