意味怖

点線

投稿日:

夏休みもまだ半分残っているのに、

私は教室に立っていた。

一人だけ、他には誰も居ない。

あー、セミがうるさい。

 

何の気なしに足元を見ると、

床に点線が引かれていた。

 

もちろん普段はない、こんなの。

線は私の足元から廊下に向かって伸びている。

半開きになっていた教室のドアを開けると、ムワッとした熱気が身体を包んだ。

あっつぃ。

白いシャツの胸元に指を掛け、パタパタと風を送る。

 

外は晴天。雲ひとつない。

窓から射す日差しが嘘みたいにまぶしかった。

線は廊下の奥へと続いていた。

 

「どこに向かっているんだろう?」

小首を傾げると、私は点線を辿ることにした。

 

下を向いて、線と平行に歩く。

小学生の行進みたいに、大きく両手を振って歩いた。

階段の踊り場まで行くと、線は階下に向かって伸びていた。

一段飛ばしで駆け下りる。

スカートがヒラヒラそよいで、気分がいい。

別に登校日じゃないから、

バカな男子も意地悪な先生もいない。

開放感があるってなもんだ。

 

一階に到着。線は渡り廊下を通って、それから体育館の中へと伸びていた。

キュ、キュと無駄に上履きを鳴らして、私は線を追う。

バスケットやらバレーやらのボールを保管している体育館の中の用具室。

線はその中へと伸び、ドアの前で途切れていた。

もちろん、私はドアを開けようと指を掛けた。

でも、ダメだった。

鍵が掛かってる。

用具室の出入り口は一つだけで、このドアが開かないなら、他に中に入る術はない。

 

ここで終着。

この先は辿れない。

ああ、残念。

線の端っこがどうなっているのか、この目で確認したかった。

 

「けどさ、どうせ同じことだよね」

そう声に出すと、

私は半転してドアに背を当てて寄りかかった。

ここで待っていればいい。

口笛なんかを吹いてさ、ただただ待っていればいい。

 

自然と足下に視線が落ちた。

ここまで伸びている点線を見つめる。

 

誰が引いたのか、

私は知っている。

この続きや解説はLINEで

ネットのコピーではない『オリジナルの意味怖』をLINEに掲載しています。

解説も順次公開、すべて無料です。

友だち追加
3004人が追加

LINEで読める意味怖と解説リスト

  1. 幸福な未来
  2. 除霊
  3. 無罪執行
  4. ショートケーキ問題
  5. 夢オチ
  6. 彼女は私を見下し続ける
  7. go home
  8. ノート
  9. 僕は交通ルールにうるさい
  10. 僕らの成功法則
  11. 付きまとわれてて
  12. 事故物件
  13. 同棲生活
  14. 懇願
  15. わら人形
  16. 占い師
  17. 最後の一葉
  18. 魔法の香水
  19. キツネ様
  20. 青ざめる
  21. 仕事
  22. シェアハウス
  23. 清々しい朝
  24. みんな平等に
  25. 平和的な解決
  26. 点線
  27. 霊能者の義務
  28. ハロウィンって何かしら?
  29. 停電の夜に

*その後も随時更新中です。

友だち追加
3004人が追加

スポンサーリンク

買いもの記録

人気記事

除霊

恐怖体験というと、 私はあのアパートのことを思い出します。 就職して東京で一人暮 …

関連記事

ノート

年の瀬の大掃除。 押入れの中で一冊のノートを見つけた。 開くと、それは兄の成長記 …

今トイレに隠れてる。

昨日の話なんだけどさ、 学校で校内放送が流れたんだ   「包丁を持った …

それでも彼女はスパイを続けた

彼女は貧しい星に生まれた。 惑星Bは、彼女が乳飲み子だった頃に戦争に敗れ、実質的 …

幸福な未来

妻は上機嫌だった。 同窓会が楽しかったのだろう。 普段、あまり酒を飲まない彼女が …

平和的な解決

「分かってないわね。あなたたちは全く分かってない……」 花純は大きく首を振ってか …

スポンサーリンク

最近の投稿

停電の夜に

こないだ、おそろしい体験をしたんだ。 ドーンッとすごい音がして、次の瞬間、すぐに …

ハロウィンって何かしら?

A「えー、おばあちゃん、ハロウィンも知らないの?仮装した子どもが、夜に近所の家を …

霊能者の義務

信号待ちをしていたのは5人。 私は、前に立つ灰色のスーツの『背』をじっと見つめて …

点線

夏休みもまだ半分残っているのに、 私は教室に立っていた。 一人だけ、他には誰も居 …

平和的な解決

「分かってないわね。あなたたちは全く分かってない……」 花純は大きく首を振ってか …

スポンサーリンク

スマホアプリ

全話オリジナルの「意味がわかると怖い話」を載せたアプリをつくりました。赤い方は80話以上の短編を掲載しています。

角川つばさ文庫

「アッと気付くとゾッとする!」
1話1分どんでん返し系ストーリー集です。出版しました。

Kindle本

7話のショートショートを掲載しています。スマホのKindleアプリなどで読むことができます。

プログラミングや意味怖の創作などをしています。 ペンネームは思いつかなかったので、テストでよく見る「”マルマル”を埋めなさい」から取りました。

・角川つばさ文庫「本当はこわい話」出版!
・自作アプリ累計10万インストール突破!
・Kindle本「おしまいおしまいでは終わらない昔話」SF・ホラー・ファンタジー部門1位獲得!(数日間のみ)
・comicoにて85万PV突破!

というのが、優れた実績になります。劣った実績は…

→詳細プロフィールを見る

友だち追加
3004人が追加

→このブログの更新を受け取る方法