意味怖

青ざめる

投稿日:

 

「ねえ。あの人、見えてる?」

 

僕の膝を指先で叩くと、先輩はそう呟いた。

隣を見ると先輩はとても青ざめた顔をしていて、その視線は対面のシートに座るスーツ姿の男性に向いていた。

 

ーーーK電鉄K線のU駅行き。

電車はN駅を後にし、次は終点のU駅だった。

 

「……はい。見えてますけど」

男性は多少うつろな眠そうな目をしていたが、普通の人間のように見えた。

『半透明』でもないし、『足が無い』ということもない。

「そう、そっか…」

しかし、先輩には違って見えているのだろう。

僕は、彼女が何か特殊な霊能力のようなものを持っていることを知っていた。

以前にも似たようなことがあったからだ。

去年の話だ。

 

***

 

僕たちは大学の食堂に居た。

ゼミの数人で少し遅いランチだった。

 

ミートソースのスパゲティを完食し口を拭うと、前に座っている先輩のカレーがあまり減っていないことに気付いた。

僕が視線を上げると、先輩はスプーンを持ったまま青ざめた顔をして固まっていた。

「どうしたんですか?」

「……三津谷くん、向こうのテーブルって何人座ってる?」

スプーンが指す先を確認すると、僕は間延びした声で答えた。

「えーっと、5人ですよね。どうかしました?」

「…ううん。なんでもない」

 

その日の晩、風呂上がりの僕に母親が声を掛けた。

「あんたの大学の生徒さんが亡くなったみたいよ。なんか知ってる?」

テレビの画面に写っていたのは、食堂で見た5人のうちのひとりだった。

神妙な顔をしたニュースキャスターはこう言った。

「自室の浴槽で見つかったYさんは死後1週間は経過しているとのことで…」

 

信じられなかったが認めざるを得なかった。

僕があのとき食堂で目にした彼女は、

 

 

幽霊だったのだ。

続きはLINEで

ネットのコピーではない『オリジナルの意味怖』をLINEに掲載しています。

無料です。

追加/削除もご自由にして頂いて大丈夫です。

友だち追加
3097人が追加

LINEで読める意味怖と解説リスト

  1. 幸福な未来
  2. 除霊
  3. 無罪執行
  4. ショートケーキ問題
  5. 夢オチ
  6. 彼女は私を見下し続ける
  7. go home
  8. ノート
  9. 僕は交通ルールにうるさい
  10. 僕らの成功法則
  11. 付きまとわれてて
  12. 事故物件
  13. 同棲生活
  14. 懇願
  15. わら人形
  16. 占い師
  17. 最後の一葉
  18. 魔法の香水
  19. キツネ様
  20. 青ざめる
  21. 仕事
  22. シェアハウス
  23. 清々しい朝
  24. みんな平等に
  25. 平和的な解決
  26. 点線
  27. 霊能者の義務
  28. ハロウィンって何かしら?
  29. 停電の夜に
  30. 暗号解読

*その後も随時更新中です。

友だち追加
3097人が追加

買いもの記録

人気記事

go home

その日は部下のミスの尻拭いで、遅い退社になった。 電車のシートに座ると、スマホの …

関連記事

点線

夏休みもまだ半分残っているのに、 私は教室に立っていた。 一人だけ、他には誰も居 …

占い師

「大丈夫です。数ヶ月以内にあなたの弟は意識を取り戻すでしょう」 長い白髪の占い師 …

わら人形

カンカンカンカン、 釘をトンカチで打ち付ける甲高い金属音がこだまする。 心配する …

ノート

年の瀬の大掃除。 押入れの中で一冊のノートを見つけた。 開くと、それは兄の成長記 …

最後の一葉

あの日の私は絶望していた。 重い病気にかかっていたのだ。 医者や家族は私が気落ち …

最近の投稿

スイカ

目覚ましを止めてから、 私はタオルケットを身体に手繰り寄せた。 付けっ放しにして …

暗号解読

私は白髪混じりの頭をポリポリと掻いた。   うーん…… さっぱり分から …

停電の夜に

こないだ、おそろしい体験をしたんだ。 ドーンッとすごい音がして、次の瞬間、すぐに …

ハロウィンって何かしら?

A「えー、おばあちゃん、ハロウィンも知らないの?仮装した子どもが、夜に近所の家を …

霊能者の義務

信号待ちをしていたのは5人。 私は、前に立つ灰色のスーツの『背』をじっと見つめて …

スマホアプリ

全話オリジナルの「意味がわかると怖い話」を載せたアプリをつくりました。赤い方は80話以上の短編を掲載しています。

角川つばさ文庫

「アッと気付くとゾッとする!」
1話1分どんでん返し系ストーリー集です。出版しました。

Kindle本

7話のショートショートを掲載しています。スマホのKindleアプリなどで読むことができます。

プログラミングや意味怖の創作などをしています。 ペンネームは思いつかなかったので、テストでよく見る「”マルマル”を埋めなさい」から取りました。

・角川つばさ文庫「本当はこわい話」出版!
・自作アプリ累計10万インストール突破!
・Kindle本「おしまいおしまいでは終わらない昔話」SF・ホラー・ファンタジー部門1位獲得!(数日間のみ)
・comicoにて85万PV突破!

というのが、優れた実績になります。劣った実績は…

→詳細プロフィールを見る

友だち追加
3097人が追加

→このブログの更新を受け取る方法