意味怖

最後の一葉

投稿日:

あの日の私は絶望していた。

重い病気にかかっていたのだ。

医者や家族は私が気落ちしないように、言葉をにごしてはいたが、今のご時世インターネットで調べれば何でもすぐにわかってしまう。

私がかかった病気は不治の病で、生存期間の平均は8ヶ月だった。

 

「もう私は入院して半年だ。残された時間はあとわずかだよ」

口から出てくるのは、後ろ向きな言葉ばかり。

わざわざ見舞いに来てくれた旧友たちも、暗い面持ちで帰って行った。

ベットから立ち上がる気力も湧かず、私は病室の窓から外をながめ、彼らを見送った。

 

赤い夕陽が射していた。

中庭の大木が見える。

ケヤキは、青々と葉を生い茂らせている。

しかし、その葉も来月には夕陽のように赤くなり、やがて散る。

「あのケヤキの葉が一つ残らず落ちた頃には、自分の命も尽きてしまうだろう」

独り言だったのだが、

「……そんなことはないですよ」

意に反して返事があった。

 

老齢の男性だった。

白髪に白い髭をたくわえ上等そうなスーツを着ている。

いつの間にかベッドの横に立ち、窓の外を眺めていた。

「どういうことです?」

「すみません。立ち聞きするつもりはなかったのですが……」

「いえ。それは良いのですが、何が『そんなことはない』のでしょうか?」

「最近の技術の進歩というものはすごい速度です。日々、これまでの常識が書き換えられてしまう。現場に居る人間からするとそら恐ろしいと感じる程です」

「それで……?」

「私の研究室でも人工知能が24時間休みなく遺伝子の構造解析をおこなっています。彼らは休みも必要なく、弱音も吐かない。何より探究心が旺盛です」

高揚した。

私は間違えていたのかもしれない。

考えてみればインターネットに載っている情報なんて、だれが書いたか定かじゃないし、何年前の常識に基づいて書かれたものかも分からない。

そうだ、医学は進歩しているのだ。

「先生はこの病院の?」

「いえ、学生時代の友人がこちらの院長なんです。たまたま近くで学会があったものですから顔を見ようと寄ったのです」

その時、看護婦が男性に声を掛けた。

「あ、大門先生。こちらにいらっしゃったのですか。院長がお探しなのですが…」

大門先生は腕時計を見ると、

「おっと、もうこんな時間か」とつぶやき、それから私の目を見据えて言った。

「ともかく、保証しますよ。あなたが言っていたような事には私がさせませんから」

涙が出そうだった。

「ありがとうございます」

私が手を差し出すと、先生はその手を強く握り返した。

先生の手はとても大きく、あたたかかった。

 

***

 

季節は冬になり、

今年何度目かの雪が降っている。

 

先生の言葉は本当だった。

彼の処置を受け健康体を保ったままの姿を見ると、見舞いに来た誰もが驚きを口にした。

続きはLINEで

ネットのコピーではない『オリジナルの意味怖』をLINEに掲載しています。

無料です。

追加/削除もご自由にして頂いて大丈夫です。

友だち追加
3097人が追加

LINEで読める意味怖と解説リスト

  1. 幸福な未来
  2. 除霊
  3. 無罪執行
  4. ショートケーキ問題
  5. 夢オチ
  6. 彼女は私を見下し続ける
  7. go home
  8. ノート
  9. 僕は交通ルールにうるさい
  10. 僕らの成功法則
  11. 付きまとわれてて
  12. 事故物件
  13. 同棲生活
  14. 懇願
  15. わら人形
  16. 占い師
  17. 最後の一葉
  18. 魔法の香水
  19. キツネ様
  20. 青ざめる
  21. 仕事
  22. シェアハウス
  23. 清々しい朝
  24. みんな平等に
  25. 平和的な解決
  26. 点線
  27. 霊能者の義務
  28. ハロウィンって何かしら?
  29. 停電の夜に
  30. 暗号解読

*その後も随時更新中です。

友だち追加
3097人が追加

スポンサーリンク

買いもの記録

人気記事

僕は交通ルールにうるさい

深夜0時過ぎ、 僕は傘を差して待っていた。 信号が青に変わるのを待っていた。 小 …

関連記事

付きまとわれてて[後編]

前回 付きまとわれてて[前編] 今回 「祐美は知ってると思うけど。 駅から家まで …

除霊

恐怖体験というと、 私はあのアパートのことを思い出します。 就職して東京で一人暮 …

魔法の香水

トントン、トントン、 昼過ぎにうつらうつらと居眠りをしていた私を起こしたのは、 …

霊能者の義務

信号待ちをしていたのは5人。 私は、前に立つ灰色のスーツの『背』をじっと見つめて …

同棲生活

クローン技術が一般的になった。 勿論、用途は医療目的に限る。 各研究室に所属する …

スポンサーリンク

最近の投稿

スイカ

目覚ましを止めてから、 私はタオルケットを身体に手繰り寄せた。 付けっ放しにして …

暗号解読

私は白髪混じりの頭をポリポリと掻いた。   うーん…… さっぱり分から …

停電の夜に

こないだ、おそろしい体験をしたんだ。 ドーンッとすごい音がして、次の瞬間、すぐに …

ハロウィンって何かしら?

A「えー、おばあちゃん、ハロウィンも知らないの?仮装した子どもが、夜に近所の家を …

霊能者の義務

信号待ちをしていたのは5人。 私は、前に立つ灰色のスーツの『背』をじっと見つめて …

スポンサーリンク

スマホアプリ

全話オリジナルの「意味がわかると怖い話」を載せたアプリをつくりました。赤い方は80話以上の短編を掲載しています。

角川つばさ文庫

「アッと気付くとゾッとする!」
1話1分どんでん返し系ストーリー集です。出版しました。

Kindle本

7話のショートショートを掲載しています。スマホのKindleアプリなどで読むことができます。

プログラミングや意味怖の創作などをしています。 ペンネームは思いつかなかったので、テストでよく見る「”マルマル”を埋めなさい」から取りました。

・角川つばさ文庫「本当はこわい話」出版!
・自作アプリ累計10万インストール突破!
・Kindle本「おしまいおしまいでは終わらない昔話」SF・ホラー・ファンタジー部門1位獲得!(数日間のみ)
・comicoにて85万PV突破!

というのが、優れた実績になります。劣った実績は…

→詳細プロフィールを見る

友だち追加
3097人が追加

→このブログの更新を受け取る方法