意味怖

占い師

投稿日:

「大丈夫です。数ヶ月以内にあなたの弟は意識を取り戻すでしょう」

長い白髪の占い師は、するどい視線を水晶に向けたままでそう言った。

「ほ、本当ですか?」

私の問いに、彼女はゆっくりと深くうなずく。

 

「そうですか。良かったね。愛梨」

となりに座っていた昌宏が、安堵の息をもらした。

涙がにじんできたが、それをこらえて私は彼に笑顔を向けた。

「うん。ありがとう。あの子助かるんだ。本当に良かった」

 

***

 

ワンワンッ、ワンワンッ

「シロ、急に走り出したりしてどうしたのよ?」

弟を見つけたのは、河川敷を散歩していた犬と飼い主の少女だった。

川辺に倒れていた弟は、頭に怪我をしていた。

1ヶ月経ったが、未だに弟は搬入先の病院で眠ったままだ。

 

警察は弟の交友関係を疑っているようだった。

弟は友人数人に多額の借金があった。

「金銭トラブルが事件の原因かもしれない」

担当刑事からはそう聞かされた。

 

***

 

事件以来、疲れ切っていた私を気づかって、昌宏が連れて来てくれたのが、

この高名な占い師の家だった。

彼女は、政治家や大企業の社長も御用達の、『必ず当たる占い師』と言われていた。

 

「次……僕も占って貰っていいかな?今日は愛梨の弟さんの容態を聞くのが目的だったんだけど……」

「ええ、もちろん。いいわ」

私がうなずくと、昌宏は占い師に言った。

「僕と愛梨……彼女との将来についてお聞きしたいのですが。僕たちは上手く行くでしょうか?その——つまり、結婚とか」

私たちは交際4年になる。

もともとの私たちの予定では今年の末には籍を入れたいと考えていた。ただ弟のことで、彼の両親は結婚に何色を示していた。

「お二人の将来についてですね。わかりました」

占い師はそう言うと、深いシワの刻まれた両の手を水晶にかざした。

「うんうん」

何度かうなずいて見せると、占い師は視線を昌宏に向けた。

「見えました」

ゴクリ、昌宏がつばを飲んだ音が聞こえた。

私も息を飲む。

「問題ない。結ばれますよ。幸せそうな家族の姿が見えました」

彼女の言葉を聞いた瞬間、私は「やった」とつぶやいて、心の中で小さなガッツポーズを作った。

「そうですか。良かった。ホッとしました」

昌宏も私と同じように喜んでくれた。

 

私たちは満面の笑みを浮かべ、互いの顔を見つめ合った。

「うれしいわ」

「ああ、一緒に幸せになろうな」

 

良かった。

涙が出るほど嬉しい。

続きはLINEで

ネットのコピーではない『オリジナルの意味怖』をLINEに掲載しています。

無料です。

追加/削除もご自由にして頂いて大丈夫です。

友だち追加
2857人が追加

LINEで読める意味怖と解説リスト

  1. 幸福な未来
  2. 除霊
  3. 無罪執行
  4. ショートケーキ問題
  5. 夢オチ
  6. 彼女は私を見下し続ける
  7. go home
  8. ノート
  9. 僕は交通ルールにうるさい
  10. 僕らの成功法則
  11. 付きまとわれてて
  12. 事故物件
  13. 同棲生活
  14. 懇願
  15. わら人形
  16. 占い師
  17. 最後の一葉
  18. 魔法の香水
  19. キツネ様
  20. 青ざめる
  21. 仕事
  22. シェアハウス
  23. 清々しい朝
  24. みんな平等に
  25. 平和的な解決

*その後も随時更新中です。

友だち追加
2857人が追加

スポンサーリンク

買いもの記録

人気記事

僕は交通ルールにうるさい

深夜0時過ぎ、 僕は傘を差して待っていた。 信号が青に変わるのを待っていた。 小 …

関連記事

僕らの成功法則

「みんなが嫌がることを、率先しておこなうこと」 飲み会で赤ら顔の上司から聞いた人 …

みんな平等に

「明らかに不当です。不平等ですよ。なぜ私じゃなく、あの人が?」 はぁー、 彼女の …

夢オチ

私の前にはドアがありました。 マンションの自分の家の玄関ドアです。 チャイムを押 …

青ざめる

  「ねえ。あの人、見えてる?」   僕の膝を指先で叩くと、 …

意味怖アプリ/Android版を更新しました。

2016年に資金繰りに挫折して置いていたアプリですが、2年ぶりに更新しました。 …

スポンサーリンク

最近の投稿

平和的な解決

「分かってないわね。あなたたちは全く分かってない……」 花純は大きく首を振ってか …

みんな平等に

「明らかに不当です。不平等ですよ。なぜ私じゃなく、あの人が?」 はぁー、 彼女の …

清々しい朝

朝からとても気分が良い。 アパートのとなりに住む高齢のおじいさんのけたたましい目 …

シェアハウス

リビングに広がっていた、 おぞましい光景に私は立ち尽くした。 部屋を充満する強烈 …

仕事

石の上にも三年。 説教くさくて、あんまり好きな言葉じゃない。 それでも本質を突い …

スポンサーリンク

スマホアプリ

全話オリジナルの「意味がわかると怖い話」を載せたアプリをつくりました。赤い方は80話以上の短編を掲載しています。

角川つばさ文庫

「アッと気付くとゾッとする!」
1話1分どんでん返し系ストーリー集です。出版しました。



Kindle本

7話のショートショートを掲載しています。スマホのKindleアプリなどで読むことができます。

プログラミングや意味怖の創作などをしています。 ペンネームは思いつかなかったので、テストでよく見る「”マルマル”を埋めなさい」から取りました。

・角川つばさ文庫「本当はこわい話」出版!
・自作アプリ累計10万インストール突破!
・Kindle本「おしまいおしまいでは終わらない昔話」SF・ホラー・ファンタジー部門1位獲得!(数日間のみ)
・comicoにて85万PV突破!

というのが、優れた実績になります。劣った実績は…

→詳細プロフィールを見る

友だち追加
2857人が追加

→このブログの更新を受け取る方法