意味怖

わら人形

投稿日:

カンカンカンカン、

釘をトンカチで打ち付ける甲高い金属音がこだまする。

心配することはない。

ここは人家も遠い林の中、他人の耳目を気にする必要はない。

私はつぶやく。

 

「お義父さんがいなくなりますように。お義父さんがいなくなりますように」

 

一振りするごとに振動で手足をバタつかせるわら人形の身体には、

妻の父親の写真が入っている。

 

何をやっても長続きがしない私だが、

この2ヶ月の間、ほとんど毎日この林に通いトンカチを振るっている。

仕事帰りには必ず寄るし、休日も適当な理由を作っては足しげく通っている。

追いこまれると、人は変われるものだ。

 

私には多額な借金があった。

ギャンブルでこしらえたものだ。

最初は小さな金額だったが、マイナスを取り返そうと何度も金をつぎこんでいるうちに、気付くと数千万円の借金にふくれ上がっていた。

お義父さんは、大きな会社の創業者で資産家だ。

正直に相談することも考えたが、理由が理由であり、

気難しいお義父さんの怒りを買って勘当されては元も子もない。

元々、妻と結婚したのだって、お義父さんの遺産が目当てだ。

それを少しばかり前倒ししたいのだ。

 

カンカンカンカン、

「お義父さんがいなくなりますように。お義父さんがいなくなりますように」

記念すべき50体目のわら人形がセミのように大木に張り付いた。

一仕事を終えた私は額の汗を拭き、車に戻るとゆるめていたネクタイを締め直した。

 

家に帰ると、妻は深刻そうな顔をしていた。

「話があるの」

彼女の言葉に、私の心臓は大きく高鳴った。

妻はお嬢様特有の楽観的な気質で、いつも明るく飄々としている。

彼女のあんな気落ちした顔を見るのは何年ぶりだろう。

それこそ、

お義母さんを亡くしたときぶりかもしれない。

 

部屋着に着替えた私がリビングに向かうと彼女は涙を浮かべていた。

「大丈夫か?」

そう言って肩に手を置くと、彼女は私に弱々しい視線を向けた。

 

「一体、何があったんだ?」

私の問いに彼女はゆっくりと口を開いた。

 

続きはLINEで

ネットのコピーではない『オリジナルの意味怖』をLINEに掲載しています。

無料です。

追加/削除もご自由にして頂いて大丈夫です。

友だち追加
2714人が追加

LINEで読める意味怖と解説リスト

  1. 幸福な未来
  2. 除霊
  3. 無罪執行
  4. ショートケーキ問題
  5. 夢オチ
  6. 彼女は私を見下し続ける
  7. go home
  8. ノート
  9. 僕は交通ルールにうるさい
  10. 僕らの成功法則
  11. 付きまとわれてて
  12. 事故物件
  13. 同棲生活
  14. 懇願
  15. わら人形
  16. 占い師
  17. 最後の一葉
  18. 魔法の香水
  19. キツネ様
  20. 青ざめる

*その後も随時更新中です。

友だち追加
2714人が追加

スポンサーリンク

買いもの記録

人気記事

除霊

恐怖体験というと、 私はあのアパートのことを思い出します。 就職して東京で一人暮 …

関連記事

事故物件

事故物件って知っているかい? 何だかの理由で前の居住者が亡くなった部屋のことだよ …

占い師

「大丈夫です。数ヶ月以内にあなたの弟は意識を取り戻すでしょう」 長い白髪の占い師 …

キツネ様

へー、田所さんとこの子供がね。 男の子?女の子? そうか男の子か。 そりゃ心配だ …

ノート

年の瀬の大掃除。 押入れの中で一冊のノートを見つけた。 開くと、それは兄の成長記 …

シェアハウス

リビングに広がっていた、 おぞましい光景に私は立ち尽くした。 部屋を充満する強烈 …

PREV
懇願
NEXT
占い師

スポンサーリンク

最近の投稿

シェアハウス

リビングに広がっていた、 おぞましい光景に私は立ち尽くした。 部屋を充満する強烈 …

仕事

石の上にも三年。 説教くさくて、あんまり好きな言葉じゃない。 それでも本質を突い …

「本当はこわい話」2巻が発売されました!!

\(・∀・)/ありがとうございます! おかげさまで、著書「本当はこわい話」2巻が …

青ざめる

  「ねえ。あの人、見えてる?」   僕の膝を指先で叩くと、 …

キツネ様

へー、田所さんとこの子供がね。 男の子?女の子? そうか男の子か。 そりゃ心配だ …

スポンサーリンク

スマホアプリ

全話オリジナルの「意味がわかると怖い話」を載せたアプリをつくりました。赤い方は80話以上の短編を掲載しています。

角川つばさ文庫

「アッと気付くとゾッとする!」
1話1分どんでん返し系ストーリー集です。出版しました。



Kindle本

7話のショートショートを掲載しています。スマホのKindleアプリなどで読むことができます。

プログラミングや意味怖の創作などをしています。 ペンネームは思いつかなかったので、テストでよく見る「”マルマル”を埋めなさい」から取りました。

・角川つばさ文庫「本当はこわい話」出版!
・自作アプリ累計10万インストール突破!
・Kindle本「おしまいおしまいでは終わらない昔話」SF・ホラー・ファンタジー部門1位獲得!(数日間のみ)
・comicoにて85万PV突破!

というのが、優れた実績になります。劣った実績は…

→詳細プロフィールを見る

友だち追加
2714人が追加

→このブログの更新を受け取る方法