意味怖

同棲生活

投稿日:2018-06-02 更新日:

クローン技術が一般的になった。

勿論、用途は医療目的に限る。

各研究室に所属する専門家がクローンを培養する際には、医師がサインした診断書が必要だ。

僕がその制約に縛られないのは、僕自身がその専門家だからだ。

***

「アイスコーヒーを」

喫茶店に入ると、僕はテラス席に座った。日差しが強く、じっとり汗が滲む。

もうすっかり夏だ。

僕は歩道を右から左に流れて行く人たちに視線を向ける。朝の通勤時間で沢山の人たちが駅に向かい群れを為している。

グラスが纏った水滴がしたたり、テーブルに小さな水たまりができた頃、群衆の中に杏果の姿を見つけた。

低血圧は変わらないようで、不機嫌そうにヒールを鳴らし歩いている。眩しそうで気だるそうで、目は夜間の50パーセントくらいの大きさだった。

そんな表情をしていても整った顔をしているのはわかる。ため息が出た。やっぱりタイプだ。

「外見だけならな」

杏果の背中を見送ると、僕はストローを啜り、少し薄くなったアイスコーヒーを飲み切った。

***

「今日予定できたから行けなくなった」

「あと、それとね」

「荷物は大学に送っとくからさ」

「ゴメン別れて」

LIMEが4回鳴動して、僕らの同棲生活は終わった。

その後、杏果はこちらからの連絡を全て無視した。だから、僕はアイツの部屋の鍵を返していなかった。自業自得という奴だ。

ガチャリ

3ヶ月ぶりに入る部屋。

白い壁と床に薄いピンクのベッド。一瞥した限りで部屋に大きな変化はない。

続きはLINEで

ネットのコピーではない『オリジナルの意味怖』を連載しています。

各話の解説も順次掲載しています。

作者のLINE@アカウントをフォローすると読めます。

無料です。

追加/削除もご自由にして頂いて大丈夫です。

友だち追加
3097人が追加

LINEで読める意味怖と解説リスト

  1. 幸福な未来
  2. 除霊
  3. 無罪執行
  4. ショートケーキ問題
  5. 夢オチ
  6. 彼女は私を見下し続ける
  7. go home
  8. ノート
  9. 僕は交通ルールにうるさい
  10. 僕らの成功法則
  11. 付きまとわれてて
  12. 事故物件
  13. 同棲生活
  14. 懇願
  15. わら人形
  16. 占い師
  17. 最後の一葉
  18. 魔法の香水
  19. キツネ様
  20. 青ざめる
  21. 仕事
  22. シェアハウス
  23. 清々しい朝
  24. みんな平等に
  25. 平和的な解決
  26. 点線
  27. 霊能者の義務
  28. ハロウィンって何かしら?
  29. 停電の夜に
  30. 暗号解読

*その後も随時更新中です。

友だち追加
3097人が追加

スポンサーリンク

買いもの記録

人気記事

除霊

恐怖体験というと、 私はあのアパートのことを思い出します。 就職して東京で一人暮 …

関連記事

意味怖アプリ/Android版を更新しました。

2016年に資金繰りに挫折して置いていたアプリですが、2年ぶりに更新しました。 …

懇願

廊下の軋む音で、僕は浅い眠りから覚めた。 当然、彼女が帰って来たのだと思った。 …

ショートケーキ問題

人には性分というものがある。 私にもある。 四角四面で、曖昧なことが嫌いな性格な …

清々しい朝

朝からとても気分が良い。 アパートのとなりに住む高齢のおじいさんのけたたましい目 …

平和的な解決

「分かってないわね。あなたたちは全く分かってない……」 花純は大きく首を振ってか …

スポンサーリンク

最近の投稿

スイカ

目覚ましを止めてから、 私はタオルケットを身体に手繰り寄せた。 付けっ放しにして …

暗号解読

私は白髪混じりの頭をポリポリと掻いた。   うーん…… さっぱり分から …

停電の夜に

こないだ、おそろしい体験をしたんだ。 ドーンッとすごい音がして、次の瞬間、すぐに …

ハロウィンって何かしら?

A「えー、おばあちゃん、ハロウィンも知らないの?仮装した子どもが、夜に近所の家を …

霊能者の義務

信号待ちをしていたのは5人。 私は、前に立つ灰色のスーツの『背』をじっと見つめて …

スポンサーリンク

スマホアプリ

全話オリジナルの「意味がわかると怖い話」を載せたアプリをつくりました。赤い方は80話以上の短編を掲載しています。

角川つばさ文庫

「アッと気付くとゾッとする!」
1話1分どんでん返し系ストーリー集です。出版しました。

Kindle本

7話のショートショートを掲載しています。スマホのKindleアプリなどで読むことができます。

プログラミングや意味怖の創作などをしています。 ペンネームは思いつかなかったので、テストでよく見る「”マルマル”を埋めなさい」から取りました。

・角川つばさ文庫「本当はこわい話」出版!
・自作アプリ累計10万インストール突破!
・Kindle本「おしまいおしまいでは終わらない昔話」SF・ホラー・ファンタジー部門1位獲得!(数日間のみ)
・comicoにて85万PV突破!

というのが、優れた実績になります。劣った実績は…

→詳細プロフィールを見る

友だち追加
3097人が追加

→このブログの更新を受け取る方法