意味怖

除霊

投稿日:2016-05-19 更新日:

恐怖体験というと、

私はあのアパートのことを思い出します。

就職して東京で一人暮らしを始めた、小さな2階建てのアパートです。

霊感もないですし、周りにもそんな人は居ませんでしたから、それまでの私は全く考えていませんでした。

まさか、幽霊がホントに居るなんて…

ーーー
ーー

季節は夏でした。

勿論、最初は気のせいだと思いました。

夜中に目を覚ますとテレビが付いていたり、気付くとなぜか廊下が水滴で濡れていたり、最初に起きていたのはそんな他愛もない事柄でしたので。

でも、子供が落としたアイスに群がる蟻のように、時間が経つ毎に、その姿はハッキリと私にも認識できるものに変わっていきました。

風呂場の曇りガラスの奥に人の顔が見えるようになり、布団に入ると直前まで誰かがそこに潜っていたような、生暖かさを感じることもありました。

その頃になると、ときたま聞こえていたラップ音も、自分が殺されたときの様子を語るボソボソとした女性の声に変わっていました。

それでも私は、これが妄想だと思っていました。

相談できる相手も居ませんでしたし、これは私の脳が作りだした幻なんだと、自分に言い聞かせて過ごしていました。

しかし、そうではありませんでした。

あれは、私が1泊2日の出張から帰ってきたときのことです。

鍵を取り出そうと、ドアの前で鞄を漁っていた私に、大家さんが声を掛けました。

「昨日は夜通し部屋から話し声が聞こえていたけれど、長電話も程々にお願いしますね。ここはあまり壁も厚くないから」

彼女はそう言いました。

私は、

「…はい。すみません」

と返しましたが、手に持った鍵は細かく震えていたと思います。

流石にこのままでは危険だと思った私は、教会に電話してわざわざ外国人の神父さんに来て貰い、部屋をお祓いして頂きました。

全く日本語が通じず、拙いやりとりになってしまいましたが、彼が帰り際に言ってくれた、

「これで大丈夫ですよ」

という英語くらいは、理解することができました。

それからは、異常な事はおこらなくなって、あの女の声も部屋から完全に消えました。

心底、良かったと安堵しました。

あのときは本当に怖かった。

それから私はすぐにアパートを引き払って、今の旦那と同棲を始めました。

そうそう。

こないだ、あの神父さんに宛てて手紙を書いたんです。

旦那と生まれたばかりの娘、3人で写った写真を同封しました。

ネットで翻訳した文章なので、ちゃんと伝わっているかはわからないですけれど…

「あなたのおかげで、私は今も幸せに暮らせています」

そう綴りました。

本当に彼には感謝してもし尽くせない気持ちでいます。

解説はLINE@で

作者のLINE@アカウントをフォローすると解説が読めます。

無料です。

追加/削除もご自由にして頂いて大丈夫です。

友だち追加
2975人が追加

LINEで読める意味怖と解説リスト

  1. 幸福な未来
  2. 除霊
  3. 無罪執行
  4. ショートケーキ問題
  5. 夢オチ
  6. 彼女は私を見下し続ける
  7. go home
  8. ノート
  9. 僕は交通ルールにうるさい
  10. 僕らの成功法則
  11. 付きまとわれてて
  12. 事故物件
  13. 同棲生活
  14. 懇願
  15. わら人形
  16. 占い師
  17. 最後の一葉
  18. 魔法の香水
  19. キツネ様
  20. 青ざめる
  21. 仕事
  22. シェアハウス
  23. 清々しい朝
  24. みんな平等に
  25. 平和的な解決
  26. 点線
  27. 霊能者の義務
  28. ハロウィンって何かしら?

*その後も随時更新中です。

友だち追加
2975人が追加

買いもの記録

人気記事

除霊

恐怖体験というと、 私はあのアパートのことを思い出します。 就職して東京で一人暮 …

関連記事

シェアハウス

リビングに広がっていた、 おぞましい光景に私は立ち尽くした。 部屋を充満する強烈 …

霊能者の義務

信号待ちをしていたのは5人。 私は、前に立つ灰色のスーツの『背』をじっと見つめて …

意味怖アプリ/Android版を更新しました。

2016年に資金繰りに挫折して置いていたアプリですが、2年ぶりに更新しました。 …

わら人形

カンカンカンカン、 釘をトンカチで打ち付ける甲高い金属音がこだまする。 心配する …

僕らの成功法則

「みんなが嫌がることを、率先しておこなうこと」 飲み会で赤ら顔の上司から聞いた人 …

最近の投稿

ハロウィンって何かしら?

A「えー、おばあちゃん、ハロウィンも知らないの?仮装した子どもが、夜に近所の家を …

霊能者の義務

信号待ちをしていたのは5人。 私は、前に立つ灰色のスーツの『背』をじっと見つめて …

点線

夏休みもまだ半分残っているのに、 私は教室に立っていた。 一人だけ、他には誰も居 …

平和的な解決

「分かってないわね。あなたたちは全く分かってない……」 花純は大きく首を振ってか …

みんな平等に

「明らかに不当です。不平等ですよ。なぜ私じゃなく、あの人が?」 はぁー、 彼女の …

スマホアプリ

全話オリジナルの「意味がわかると怖い話」を載せたアプリをつくりました。赤い方は80話以上の短編を掲載しています。

角川つばさ文庫

「アッと気付くとゾッとする!」
1話1分どんでん返し系ストーリー集です。出版しました。

Kindle本

7話のショートショートを掲載しています。スマホのKindleアプリなどで読むことができます。

プログラミングや意味怖の創作などをしています。 ペンネームは思いつかなかったので、テストでよく見る「”マルマル”を埋めなさい」から取りました。

・角川つばさ文庫「本当はこわい話」出版!
・自作アプリ累計10万インストール突破!
・Kindle本「おしまいおしまいでは終わらない昔話」SF・ホラー・ファンタジー部門1位獲得!(数日間のみ)
・comicoにて85万PV突破!

というのが、優れた実績になります。劣った実績は…

→詳細プロフィールを見る

友だち追加
2975人が追加

→このブログの更新を受け取る方法